こたつで朝まで寝てませんか?

こんにちは!ストレッチヒーロー倉吉店です!

皆さん、こたつを愛用していますか?(*^^*)

この寒い時期にこたつはとてもありがたいですよね♪

しかし!こたつも注意して利用しないと、体には良くないです!

そこで、体に良くない点をいくつかご紹介するので、こたつで朝まで寝てしまうということが無いように注意しましょう!


【睡眠の質について】

睡眠中の人間の体温は、起きている間より低くなります。これは、体温を下げることで深い眠りにつけるように調節しているのです!寝ている間にたくさん汗をかくのは、体温を下げるためです。

暖かいこたつで寝てしまうと、下げなければいけないはずの体温が下がらず、十分な睡眠時間を確保しても疲れがとれないばかりか、逆にだるくなってしまいます(>_<)

さらにこたつで寝てしまうと、


【体がだるくなる】

上記でも言ったように、睡眠時の適切な体温にならないため深い眠りに付けず、疲れがとれません。さらに、こたつの中では身動きが取れず寝返りが打てないので、間接や筋肉に負担がかかり、首や肩のこり、だるさに繋がってしまいます!

【脱水症状になる可能性あり】

こたつの中は温度設定にもよりますが、30度以上にもなっています。つまり、真夏の閉め切った部屋でクーラーを付けずに寝ているのと同じです(>_<)

そんな環境で寝ると、当然汗を大量にかくことになりますよね。

「こたつで寝ると風邪を引く」と言われる理由に、

汗による「体の冷え」や、口腔や鼻粘膜が乾燥することによる「ウイルスへの抵抗力の低下」が挙げられます。

さらに、血液中の水分が失われ、脳梗塞心筋梗塞を引き起こす可能性が高まるので注意が必要です!

【低温やけど】

熱源に長時間触れていることで、低温やけどの恐れも出てきます。

特にご高齢の方は感覚機能が低下しているため、

やけどに気づかず朝まで寝てしまうことがあります。

ご高齢の親御さんが一人暮らしされている場合などは、

こたつで寝ないよう促すことをおすすめします!


いかがでしたでしょうか?

こたつは体を温めてくれて、居心地の良い物でもありますが、使い方を間違えてしまうと、体に様々な影響を及ぼす可能性もあるので、

できるかぎり、睡眠をとる際はお布団で寝るように気を付けましょう♪

【ストレッチ専門店 ストレッチヒーロー倉吉店】
鳥取県倉吉市山根557-1 パープルタウン1階
☏0858-27-1481
stretchhero@gmail.com
◇営業:10時~20時 ◇定休:月曜日・木曜日
◇倉吉店へのご予約はこちらから⇨https://bit.ly/3k7SYam

  1. tottorimeetsbeauty2021

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP