骨盤を整え美姿勢へ!

こんにちは!ストレッチヒーロー倉吉店です!(^^)!

【骨盤の歪み

気にされる方も多いのではないでしょうか?

骨盤に歪みがあると、

・肩こりや腰痛・冷え性や便秘・むくみ・下腹が出る・O脚やX脚・ひどい生理痛・代謝が悪くなり太りやすくなる・心の不調

など、骨盤の歪みで様々な不調が起きやすいと言われています。

そして骨盤の歪みにも何種類かタイプがあります(>_<)

まずはタイプをそれぞれ見ていきましょう!


【骨盤前傾タイプ】

これは骨盤が前に傾いているタイプです。

前傾の場合、胸とお尻が突き出した姿勢になりやすく、一見姿勢が良いように見えますが、腰の反りがきつくなるにつれ腰に負担がかかりやすく、腰痛になりやすいと言われています!

常に腰に負担がかかっているため、神経を圧迫しやすく、太ももが張りやすいです(>_<)

例えば、ハイヒールを履いている時はつま先重心になるので、骨盤が前傾になりやすいです。

その為、日本人女性の70%が前傾タイプであるとも言われています。加齢や産後などの腹筋が弱っている状態の時に前傾になりやすいとも言われています!


【骨盤後傾タイプ】

前傾とは反対に、骨盤が後ろに傾いているタイプです。

上半身が後方に下がる状態になってしまうため、背中を曲げて頭を前に突き出す姿勢になることでバランスを取ることになります。

猫背や垂れ尻・垂れ胸の原因にもなり、筋肉の弱い方や、ある程度年齢を重ねた方に多いタイプです(>_<)

膝への負担や肩こりなどが生じやすいのも特徴です!


【骨盤開きタイプ】

骨盤が開いているタイプは産後の方に多く見られます。

骨盤が開いて歪んでいる場合、下半身太りやO脚になりやすいと言われています。

産後の方に多く見られる原因として、出産時赤ちゃんが通りやすくするために開いた骨盤が、ホルモンバランスの影響により産後も元の位置に戻りにくく、産前よりも開いた状態になってしまうことがあげられます(>_<)

足を組んだり、あぐらをかいたりなども骨盤が開きやすくなる原因とされています!

また筋力の低下で骨盤が支えられず開いてしまケースもあります!


【骨盤左右への傾きタイプ】

これは、骨盤を正面から見た時に左右の高さが違う状態のことを言います。

例えば、右側の腰やお腹の筋肉の緊張が強いと、左側の骨盤が下がった状態になってしまいます。おしりの筋肉に左右差がある場合も、骨盤のバランスが崩れやすくなります(>_<)

この歪みも腰痛になりやすいので注意が必要です!また、通常は問題なくても、スポーツなどで疲れが溜まると痛みが出る場合もあります!


【骨盤が歪む原因とは?】

・加齢や産後、運動不足などによって骨盤周りの筋肉が弱っている・足を組んだり、あぐらをかいたりすることが多い・日常ハイヒールを履いていることが多い・かばんやバッグなど、重たいものを片側だけで持つことが多い・うつ伏せや横向きで寝ている・体の重心を左右どちらか一方にかけることが多い


いかがでしたか?

骨盤の歪みのタイプや症状、姿勢など様々な違いはありますが、共通して言えることは、

骨盤の歪みはない方が良い!

ですよね!(^^)!

そこで、簡単なエクササイズをご紹介するので、写真を見て真似をして行なってみましょう♪


①足を開いて座ります。手は後ろについていても大丈夫です。

②片方の膝を床に近づけるように倒す。

③その上に反対の足を乗せてリラックス。

④15秒伸ばしたら、脚を入れ替え反対も15秒。

⑤①~④を一回として、5回行いましょう♪

※もし、股関節などに強い痛みを伴う場合は、無理をしないように注意しましょう。また、なるべくお尻を地面から離さないようにストレッチを行ないましょう♪

一度で完璧に整うということはないので、繰り返し行うよう心掛けて下さいね(*^^*)

【ストレッチ専門店 ストレッチヒーロー倉吉店】
鳥取県倉吉市山根557-1 パープルタウン1階
☏0858-27-1481
stretchhero@gmail.com
◇営業:10時~20時 ◇定休:月曜日・木曜日
◇倉吉店へのご予約はこちらから⇨https://bit.ly/3k7SYam

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP