「睡眠」と「肥満」の関係性

みなさん、こんにちは!ストレッチヒーロー倉吉店です!

みなさんは、普段からしっかりと睡眠時間を確保していますか?

睡眠時間が短かったり、睡眠の質が悪かったりすると、

「肥満リスク」も高めてしまう可能性があります!

自分はどんな睡眠をとっているかを知り、ダイエット成功を目指しましょう♪


~睡眠時間と食欲ホルモンの影響~

実は、睡眠時間と食欲は密接な関係があります。

「何となく寝る前にスマホやテレビを見てしまって夜更かししてしまう…」

そんなあなたは、食欲過剰になってしまっているかもしれません(>_<)

①睡眠時間が短いと「食欲」が刺激される⁉

睡眠の時間が短くなってしまうと「グレリン」という空腹中枢を刺激し、食欲を増加させるホルモンが多く分泌されます!

②食欲を抑える機能が低下してしまう⁉

さらに、ダイエットの要とも言われる食欲抑制ホルモン「レプチン」の分泌が低下してしまい、必要以上の食事をとってしまう原因になってしまいます!


~とても簡単な痩せる体のつくり方~

「食べることが大好き!だけど運動は苦手(>_<)…けど痩せたい」

ダイエット成功の為、体質改善は必須です。

そこで、まずは「睡眠の質」を変えてみましょう♪

睡眠時間と食欲の関係が理解出来たら、自分の生活を見直し、良質な睡眠ルーティーンでダイエットを成功させましょう♪


①ベストな睡眠時間は7~8時間!

しっかりと睡眠がとれると食欲抑制ホルモン「レプチン」の分泌が活性化。

「なんとなく食べちゃう…」といった無駄な食事を減らしてくれるかもしれません♪

②午後10時までに入眠!

午後10時~午前2時の時間に成長ホルモンという代謝を促すホルモンが多く分泌されます。寝ている間も脂肪は燃焼されます。この時間しっかり睡眠をとることで痩せやすい体質に変わっていきます!

③寝る3時間前に食事を終わらせて!

食事をしてから消化が落ち着くまで、最低でも3時間程度は必要です。睡眠が浅くなり、睡眠の質を下げない為にも余裕をもった食事時間にしましょう♪


いかがでしたか?

普段運動をしているのになかなか痩せないという方や、

食事制限しているのになかなか痩せないという方などは、

一度睡眠の質を見直してみましょう(#^^#)

睡眠と、肥満は関係性が高いですからね!(^^)!

【ストレッチ専門店 ストレッチヒーロー倉吉店】
鳥取県倉吉市山根557-1 パープルタウン1階
☏0858-27-1481
stretchhero@gmail.com
◇営業:10時~20時 ◇定休:月曜日・木曜日
◇倉吉店へのご予約はこちらから⇨https://bit.ly/3k7SYam

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP